楽器別買取相場

サックスの買取価格の相場は?メーカー別相場と高く売るポイントを元楽器店員が解説!

サックス買取

昔使っていたけれど今は使っていないサックスや、他人から譲り受けたものの使いみちがなく家に眠っているサックスはありませんか?

もしも使わないサックスを持っているならば、楽器店や買取業者に買い取ってもらうのも良い選択肢の一つ。

というのも、サックスは吹奏楽やジャズでも広く用いられる木管楽器。サックスを吹いてみたいと思う人や、サックスを買い替えたいと思っている人は多くいます。

そのため、サックスは中古楽器市場でも多く取引されているのです。

ですが、愛着のある楽器を買取に出すからには、少しでも高く買い取ってほしいですよね。

そこで、バンド仲間の友人が楽器店で買取査定の担当をしていたので、サックス買取の相場と高く売るためのポイントを詳しく聞いてきました!

これからサックスを買取に出そうと思っていたら、参考にしてみてください。

友人・ヒカル
友人・ヒカル
楽器店で買取査定担当をしてる私が解説します!

サックス買取の相場とは?

一般的に、中古のサックスの買取価格は新品購入価格の30%〜60%になることが多いです(状態が良ければ)。購入してから年月が経つ等して状態が悪くなれば、さらに下がります。

また、比較的アルトサックスとテナーサックスは手頃な価格のモデルが多数存在し、ソプラノサックスとバリトンサックスは初心者向けのモデルでも10万円を超える価格帯になる傾向にあります。

とはいえ、サックスは様々なメーカーから販売されており、同じサックスの中でもソプラノサックスやアルトサックスなど、様々な分類がありますよね。

だからこそ、どのようにして買取をしてもらえばいいのか、また相場価格がどれくらいなのか見当がつかない方も多いでしょう。

次に、メーカー別のサックス買取価格の相場を紹介していきます。

※ここに示す買取相場は、あくまでも買取価格の参考として御覧ください。
サックスの状態や経年変化、また楽器店によっても買取価格は前後いたします。

メーカー別のサックスの買取相場

セルマー

セルマーはサックス界の王道中の王道といっても過言ではない、高級サックスメーカー。サックス奏者ならば、誰もが憧れるメーカーとも言われるほどに、長い伝統と高い品質を誇っています。

設立は1885年、クラリネット奏者として活躍していたヘンリー・セルマーが立ち上げました。パリ万博の出展により高い評価を得て、一躍世界的なメーカーとして頭角を現しはじめたのです。

世界的なメーカーであるがゆえ、サックスの価格はそこまで安いものではありません。更に認知度もあるため、中古で販売されてもすぐに売れる、いわば売り手市場、といえるサックスメーカーです。

また、セルマーのモデルの中には伝説の演奏を残していながら、今は生産されていないモデルもあるため、中古市場で価値が高騰することもあるのです。

そのため、もしもセルマーのサックスを所有していて、今後も使用する予定がないのならば、使いたいと思うサックスプレイヤーのために譲ってあげるのはとても良い選択といえます。

セルマーのサックス買取相場
  • Soprano SA80 Serie Ⅱ GL・・・140,000円
  • SA807 S.nino・・・650,000円
  • jubilee Serie Soprano SP・・・400,000円
  • Serie Ⅲ jubilee Soprano・・・250,000円
  • jubilee S.Sax・・・220,000円

YAMAHA(ヤマハ)

YAMAHA(ヤマハ)は、言わずと知れた国産の楽器メーカー。オルガンからギター、そして木管楽器にいたるまで、様々な楽器を世に送り出してきました。

ヤマハが誇る国産のクオリティによって、これから楽器を始める初心者から上級者、またプロに至るまで、様々なプレイヤーの要望に合うサックスが揃っています。

価格帯もお手頃なものから、こだわりの強い玄人好みの高級モデルまで、幅広く取り揃えているのが特徴です。

ヤマハが管楽器の中で最初に取り組んだのは、トランペットです。使いやすいトランペットを追求し、極めたヤマハだからこそ、サックスも使いやすく、使う人のことを考えたモデルが多いといえるでしょう。

作り込みの良いヤマハのサックスは、中古市場でもそこまで大幅に値崩れすることは少ないです。

良い状態のサックスであれば、高い値段で買取してもらうことも可能です。

ヤマハのサックス買取相場
  • YSS-875EX・・・190,000円
  • YSS-475・・・80,000円
  • YSS-875EXHG・・・200,000円
  • YTS-61・・・90,000円
  • YAS-480・・・90,000円

YANAGISAWA(ヤナギサワ)

日本のサックスといえばヤナギサワ、というサックスプレイヤーもいるほどに、長い伝統と高い誇りを持ったサックスメーカー。創立は明治時代の1896年であり、そこからひたむきにサックスのみを作り続けているメーカーです。

その楽器作りにも強いこだわりがあり、製造過程のほとんどを職人の手によって行っています。

製造の過程で機械加工を行うこともありますが、使用感や塗装の仕上がりなどの最終工程は、しっかりと熟練の職人が行っているのだそう。

ヤナギサワの特徴は、楽器そのものがコンパクトに仕上がっており、欧米諸国に比べて体格の小さな日本人でも容易に扱えるような仕様になっていること。

音程調節の役割を果たす「キー」も、ばらつくのではなく一つひとつがまとまっていることで、非常に演奏性が良いと高い評価を得ています。

状態によるものの中古市場では値崩れしにくく、需要も高いモデルが多いのものヤナギサワの特徴といえるでしょう。

ヤナギサワのサックス買取相場
  • S-WO3・・・320,000円
  • S-WO20・・・200,000円
  • A-WO20GP・・・350,000円
  • B-WO20・・・350,000円
  • T-9937GP・・・300,000円

査定担当が見る!サックス査定の3つのポイント

価格帯も決して安くなく、繊細な楽器であるサックス。

そんなサックスを査定するときのポイントは、大きく分けて3つあります。

①サックスの外観が綺麗か?

1つ目は、外観がどれくらい綺麗かということです。

世の中にはたくさんの綺麗な楽器がありますが、サックスは特に外観が重視される楽器であり、その輝きによって買取価格が大きく変わってしまうこともあります。

私が楽器店で勤務していた際、まったく同じ型番で、確認した際の音の質も同じくらいであるのにもかかわらず、手垢や傷が多かったことによって、買取価格が大幅に下がってしまったという例があります。

もちろん楽器なので、いちばん大切なのはその音です。

しかしながら、サックスなどその外観が美しい楽器に関しては、そのルックスも審査対象になるといえるでしょう。

②保証書やケースなど付属品を揃ってるか?

2つ目は、新品で購入したときの保証書やケースなど、細かな付属品を揃えるということです。

経年の状態を調べたり、どんな店で保管されていたサックスかということも、買取の際に参考にされることもあります。

たとえば、サックスの「初心者セット」などがお手元にある場合、その付属品なども一緒に査定に出すことは大いに買取価格アップに繋がります。

楽器店では、そのままお客さんに売れる状態であればあるほど、査定の金額を上げてくれることもあるからです。

セットなどの付属品が揃っていれば、そのまま次のお客さんに案内することができますから、こうした付属品の有無は査定のポイントとなるのです。

③音が綺麗に出るか?

最後の3つ目は、やはりその音です。

サックスは木管楽器であり、演奏する人の癖や演奏方法によって音に偏りが出たり、癖があったりするもの。

音程調節のキーの押し加減なども、演奏者がよく使っていたかどうかによって変わってくるのです。

サックスを演奏する人でなければわかりにくい部分かもしれませんが、買取を担当する楽器店員さんはこういった部分も参考にしているのです。

サックスを少しでも高く売る方法

先述したとおりに、サックスはその音もさることながら、外観の状態も重視される楽器です。

だからこそ、その外観をしっかりと磨いておくことは大切なこと。

サックスは金属でできていますから、どのように磨いたらいいのかわからないこともあると思います。

しかし、サックスなど管楽器を扱っている楽器屋さんならばほとんど、「クロス」と呼ばれる目の細かいクリーニング用の布を販売しています。

サックス用のクロスを購入して磨くだけでも、高く買い取ってくれる可能性は高まります。

サックスを演奏したことがない人にとってはわからないことも多いかと思いますが、できる範囲でクリーニングをしたりすることは非常に重要といえるでしょう。

また、付属品を揃えるだけでも買取価格は上がるので、できる限りケースや保証書などの付属品は揃えて買取に出すようにしましょう。

サックス買取のおすすめは?

上記のポイントを踏まえた上で、サックスを買取に出すときは、楽器買取専門の買取業者に出すようにしましょう。

楽器買取専門でない買取業者だと、価値をしっかりと判断できずに安く買いたたかれる可能性もありますので。

その中でもおすすめなのが、『奏屋』という楽器買取専門業者。

奏屋は、店頭買取だけでなく、自宅にいながらも出張して査定してくれる出張買取サービスがあるのでかなり便利!

査定するだけなら無料ですので、まずは無料査定で買取価格を聞いてみると良いですよ。

奏屋の詳細はこちら

>>奏屋の体験レビューはこちら